Archive RSS Login

屋根裏ウォーカー

動画づくりを記録したり好きなものを書き綴ったり

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 映画  

『ハルク』

ハルク

実験中の事故で「怒り」を感じると緑の怪物、「ハルク」に変身してしまう体になった科学者のブルース(エリック・バナ)の葛藤を描くアメコミアクション。

詳しいあらすじはコチラ(allcinema)


TVドラマ、アニメ、実写映画とそのメディアミックスの多さからその人気の高さが伺える「ハルク」。

最近では、来年公開予定である「アヴェンジャーズ」の流れを組んだエドワード・ノートン主演の「インクレディブル・ハルク」が記憶に新しいです。

今回はノートン版ハルクの前に制作されたエリック・バナ主演の「ハルク」を見ました。

すごく今更です。

なぜなら、頻繁に「あっちの『ハルク』はしょうもねぇ」との酷評を聞いてしまってたので全く気が進まなかったからですw

しかしまぁ、まわりの評価が必ずしも自分と一致するわけではないですからね。
食わず嫌いはいけないと思い、意を決して見ました!


・・・ダメでした!w
アメコミヒーロー映画としては「ゴーストライダー」に継ぐ微妙さ・・。

アクションシーンのスピード感やハルクの物理的な意味での重々しさがなかったので爽快感が得られずいまいち盛り上がらないし、ハルクが怒りを爆発させた時のカタルシスのなさといったらもう・・!

おそらく、監督のアン・リーは単なるアメコミヒーロー映画ではなく、ブルースが抱える過去のトラウマやもう一人の自分との葛藤、自分を愛してくれるはずの存在である父親がブルース本人ではなくその能力を愛していることの悲しさなどを盛り込みたかったのかなぁと思いましたが、そこもぼんやりとした印象でなんだかなぁと。

シーンの切り替えや「24」のような分割画面など編集はかなり凝ってたので一応そこが見どころではあると思います。


個人的に面白かったのが終盤のブルースが父親と対峙する場面。

この父親、触れた物体と融合出来る能力を持っているんですが、その融合した姿がまるでマーヴェルの歴代キャラのようで・・、

ハルク1

まず電線にガブリと噛み付いたかと思うと

ハルク2

エレクトロに変身!

ハルク3

次にザ・シング!

ハルク4

最後はハイドロマン!


と、最後は派手に変身してくれました。

単に目的がハルクを倒すことなら間違いなく勝っていましたが、父親の目的は"倒すこと"ではなかったので惜しくも退場。

こういったシーンが畳み掛けるように連発したので僕的にはこの映画のハイライトでした。


最後に本日のスタン・リー

ハルク5

映画序盤に登場する警官の役でした。

ハルク [DVD]ハルク [DVD]
(2004/07/07)
エリック・バナ、ジェニファー・コネリー 他

商品詳細を見る

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


LEAVE
'A'
COMMENT






11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

来訪者
プロフィール

bubsuke

Author:bubsuke
映画とアニメのMADを作っています。


使用ソフト
・Corel VideoStudio Pro X3
・GIMP2
・Aviutl
・つんでれんこ

投稿動画
Twitter
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。