Archive RSS Login

屋根裏ウォーカー

動画づくりを記録したり好きなものを書き綴ったり

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 動画  

【MAD】"SPIDER-MAN2"×"Take Me Back"

2作目のMADです。
【MAD】"SPIDER-MAN2"×"Take Me Back"


1番はじめに「スパイダーマン(無印)」で作りはしたんですが、出来あがってから
「あそこをこうしたい」「ここがよくない」
というところがポロポロ出てきたので早速リメイクすることにしました。

VSの使い方もこの【MAD】"SPIDER-MAN2"×"Take Me Back"でなんとなく掴めてきたような気がするので、
もう少しましな仕上がりになるんじゃないかと思います。

なので一応納得のいっている出来になったこっちを先にあげることにしました。



「スパイダーマン2」では、ピーターがヒーローとしての自分を放棄し、普通の人間としての自分を取り戻しますが、メイ伯母さんに諭され(叔母さんはピーターがスパイダーマンであることを知らない)、再びヒーローとして復活するというピーターの成長物語となっています。

メイ伯母さんの言葉に喚起され、失った力を取り戻そうと屋上からジャンプするシーンがあります。
この時は失敗し、墜落してしまいますが、
ピーターの決心の表れとして重要なシーンでしたのでMADでは冒頭に持ってきました。


このシーンでは台詞ネタもありまして、
はじめ力が取り戻せたと思ったピーターが
「I'm back!(戻った!)」
と叫びますが、実際はまだ力を取り戻せておらず、そのまま下の路地に墜落してしまいます。
その時腰を強打し、
「My back...(腰が・・・)」
とうめきます。
"Back"という単語にある二つの意味をかけ、英語圏の人なら誰もがニヤリとしてしまうであろうシーンとなっています。

合わせた曲が「Take Me Back」なのもこういった理由もありまして、
ピーターが普通のピーター・パーカーとしての生活を取り戻したい、
そしてスパイダーマンとしての力を取り戻したいという「2」のテーマにぴったりの曲でした。

ヴィランであるドック・オクにもこのテーマ当てはめることが出来て、
力は特権ではなく授かりものであり、正しく使わなければならないという
彼の科学者としての信念を一度は見失いますが、最後には取り戻す場面も映画では描かれています。

なので、ドック・オクの誕生と最期はなるべく削らないようにしました。



ただ、このテーマにひたすら合わせていったばっかりに泣く泣く削るはめになったアクションシーンが多々あり、
アクション映画としてのスパイダーマンの格好よさが出せなかったのが力及ばず残念です。。

テーマと映画の見せ場を損なわず両立させるのが今後の課題になります。

それを踏まえて無印のリメイクと、「3」の作成をやっていきたいなぁと思います。


LEAVE
'A'
COMMENT






11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

来訪者
プロフィール

bubsuke

Author:bubsuke
映画とアニメのMADを作っています。


使用ソフト
・Corel VideoStudio Pro X3
・GIMP2
・Aviutl
・つんでれんこ

投稿動画
Twitter
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。