Archive RSS Login

屋根裏ウォーカー

動画づくりを記録したり好きなものを書き綴ったり

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 映画  

Amazing!

アメイジング・スパイダーマン

見てきました~。

ネタバレ感想!!

ついに映画「スパイダーマン」のリブート企画、「アメイジング・スパイダーマン」が公開されたので見に行って来ました。

前3部作の大ファンであるので今回のリブート・スパイディには期待半分、不安半分といった心持ちで観賞したのですが……。

面白かった!

ライミ版で描かれたスパイディとはまた違った新しいスパイディがスクリーンの中にいましたよ!

印象に残った相違点をピックアップしていきます!

○コスチューム
前作ややマッチョさを意識したデザインが今回のコスチュームではよりシャープに、やや陰のあるデザインに。
マスクに走るラインは原作準拠で顔の中心を通ってます。
グローブ周りがアレンジされていました。

○ウェブシューター
これはスパイディファンにとってはかなり気になる部分ではなかったでしょうか!
前作ではピーターの体内で生成されていた糸でしたが、これもオリジナルの設定に回帰しピーターの開発した腕時計型の発射装置から出るようになりました。
ウェブシューターから蜘蛛の糸を発射する仕草が抜群にかっこ良い!
発射する瞬間にピカっと光るのもまたいいですね~。

○ヒロイン
スパイダーマンの原作では今回のリブート版と前作スパイダーマン3に登場したグウェン・ステーシーが最初のヒロインでした。最初の、というのはあるエピソードでグウェンは死亡してしまい、その次に登場するヒロインが前シリーズでお馴染みのMJなのです。
割りと原作に沿った設定のため、もしやこのグウェンもシリーズの途中に……なんて考えてしまいます。
この新しいブロンドヒロインを演じるは「ゾンビランド」のエマ・ストーン!可愛い!!

○ピーターの両親
前シリーズでは語られることなかったピーターの両親。
原作では飛行機事故で死亡した両親が実はCIAのエージェントで、2人の死は仕組まれたものだった!
となっていますがライミ版では触れられることはなく。

リブート版で1番前シリーズと異なっているのはこの点なんじゃないかと思います。
両親の死がピーターの心に与えた影響、発見された研究レポート、そして2人の死の背後に蠢く陰。
この作品では深く筋に関わっているのでこの先の展開で徐々に真相が明らかになってくるのではないかなと……。

○ピーター・パーカー
T・マグワイア演じたピーターは良い奴だけどドン臭く、マスクを取るとダサいオタク学生、といった感じでしたが、A・ガーフィールド演じる新ピーターは手も口も達者でやんちゃな悪ガキという印象でした!
やはりこの性格も幼い頃両親を亡くしていることが大きく影響を与えていることの象徴だったのだと思います。人の言う事は聞くがそれに心から納得しているわけではない、自分の心をコントロールし切れない、という学生特有のアンバランスな精神状態にプラスアルファがありました。A・ガーフィールドはT・マグワイアよりさらに細かく演じていたと思います。
ハッとしたのは、グウェンとのやり取り。
気になる女の子を前にハキハキと喋れないもどかしさが笑っちゃうほどリアルに表現されていてもう最高でした!
逆に悪党に対して軽口叩きまくり、煽りまくりなのはこれぞ原作のピーター!といった感じですね。

あとは彼の部屋や持ち物から見える嗜好ですね。
マグワイア版ピーターはからはあまり本人の趣味・嗜好が伺えませんでした。強いて言えばアメコミファンであること位。対してガーフィールド版ピーターはなるほど、高校生らしい!と思えるような趣味・嗜好を服装や部屋で表現していました。ラモーンズのTシャツがそうでしたし、スマートフォンやPC、カメラ、スケボーなどのガジェットは今時の高校生らしさに説得力を与えていたと思います。
フェイスブックやツイッターは……どうでしょう。頑なにやらなそうでもありますし、ネット弁慶してそうでもあります(笑)

○カメラワーク
ライミ版では"Spider-Cam"という新たな撮影技術を編み出してウェブスイングを大迫力で作っていましたが、リブート版はさらにパワーアップしていたような印象です。
時には一人称視点、時には固定した俯瞰からと、前3部作でさんざんやられているのにも関わらず新鮮な映像を作ったのは凄いと思います!
特に印象に残ったのは"下"にウェブシュートするところ。
ライミ版では斜め下から斜め上にスイングすることが多かったですが、こっちの方は斜め下に糸を発射していました。この絵面が抜群に格好良い!
色々と工夫してるなー!と感じました。


同じスパイダーマンでもここまで違ったアプローチになっていると嬉しいですね!
マーク・ウェブ監督グッジョブでございました!


今回のヴィランはリザードのコナーズ博士でしたが、彼があのオズコープ社に勤めているというところには色々と期待してしまいますね。
何やらノーマン氏は瀕死のようですし、両親の死の真相もオズコープ社が関わっていることを匂わせているので今後この企業がどう関わってくるのか注目です。
個人的予想ではグリーン・ゴブリンは間違いなく出てくるのではないかなと……。
っていうかここまでオズコープ社を関わらせておいて出ないとおかしいですね(笑)
そうなるとハリーも出てきそうです。

劇中のオズコープ社は生物メインの研究をしてるっぽかったので、スコーピオンやライノ、ビートルといったアニマル系怪人を設定変えて出してくる、なんてのもありそうです!

今から予想が尽きませんが、無事ヒットして次回作が制作されることを祈りたいと思います。
たぶん大丈夫だと思いますけどね(笑)

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


LEAVE
'A'
COMMENT






11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

来訪者
プロフィール

bubsuke

Author:bubsuke
映画とアニメのMADを作っています。


使用ソフト
・Corel VideoStudio Pro X3
・GIMP2
・Aviutl
・つんでれんこ

投稿動画
Twitter
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。